新着記事

2014ダービーはワンアンドオンリーが制覇。橋口師調教師生活25年目で念願の初勝利


2014年日本ダービー結果 ワンアンドオンリー

2014年6月1日(日)に行われた、第81回東京優駿[日本ダービー](G1)の結果です。

1着ワンアンドオンリー
2着イスラボニータ
3着マイネルフロスト

勝ったのは3番人気ワンアンドオンリー、普段より前の位置につけ、イスラボニータを見るような形で道中を進め、直線もイスラボニータに競りかけ、一度は差し返されそうな所もありましたが、最後は突き放しての勝利。
皐月賞では敗れましたが、東京競馬場、この距離であれば逆転可能ということでの3番人気評価だったと思うのですが、見事に証明する勝利となりました。

2着は皐月賞馬イスラボニータ、こちらもエキマエ、トーセンスターダムに続く3番手につける積極策でしたが、道中でエキマエが故障、直線に入ってからはトーセンスターダムが早々脱落してしまった影響で先頭にたってしまい、その分ワンアンドオンリーに目標目標にされてしまいましたね。

3着に入ったのは12番人気マイネルフロスト、大健闘の結果でした。
青葉賞では引っかかった分もあったのでしょうが、今回はワンアンドオンリーの後ろ、中団の位置で控える形で競馬が出来た分が最後の伸びにつながったのでしょうか。

勝ったワンアンドオンリーは、この後キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに挑戦するという意向もあるそうです。近年では2012年にディープブリランテが挑んだことが記憶に新しいです。凱旋門賞もそうですが、3歳馬の海外挑戦が活発になってきましたね。