新着記事

2014年日本ダービー出走登録馬22頭。レッドリヴェール対イスラボニータ等の皐月賞上位組の激突か


2014年 6月 1日(日) 2回東京12日目 22頭 出走登録馬
【10R】  第81回東京優駿
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2400m (C)

馬名S 前走
アズマシャトル 13 6 京都新聞G2
アドマイヤデウス 9 7 皐月賞G1
イスラボニータ 1 2 皐月賞G1
ウインフルブルーム 3 8 皐月賞G1
エキマエ 1 2 兵庫CG2
サウンズオブアース 2 8 京都新聞G2
サトノフェラーリ 1 1 500万下*
サトノルパン 9 4 NHKマG1
シャドウダンサー 4 1 京都新聞G2
ショウナンラグーン 1 10 青葉賞G2
スズカデヴィアス 6 9 京都新聞G2
タガノグランパ 17 16 皐月賞G1
トーセンスターダム 11 3 皐月賞G1
トゥザワールド 2 1 皐月賞G1
ハギノハイブリッド 1 3 京都新聞G2
ピオネロ 5 5 青葉賞G2
ベルキャニオン 1 1 プリンシ
マイネルフロスト 6 3 青葉賞G2
ミヤビジャスパー 5 2 京都新聞G2
レッドリヴェール 2 2 桜花賞G1
ワールドインパクト 2 1 青葉賞G2
ワンアンドオンリー 4 4 皐月賞G1

2014年6月1日(日)に東京競馬場で行われる東京優駿(日本ダービー)(G1)の出馬登録が行われました。
既報の通り、京成杯の勝馬で地方競馬からダービー出走を目指していた注目馬の1頭、プレイアンドリアルは
右前繋靱帯炎を発症して皐月賞を回避、その後目標をダービー一本に絞って調整されていましたが、調教後の状態が思わしくなく、出走という決断になりました。
その他、同様に皐月賞を回避していたバンドワゴンも登録がありませんでした。

皐月賞上位組、各トライアルを勝ち上がってきた馬などは全頭が登録しております。
またこちらも宣言通りではありますが、桜花賞2着後、オークスではなくダービー挑戦を名言していたレッドリヴェールも登録がありました。

現在18頭出走可能に対して22頭の登録があり賞金順で現在の所
サトノフェラーリ
シャドウダンサー
ピオネロ
ミヤビジャスパー
上記4頭が本賞金900万で並んでおり、除外対象となっております。

本年度はハープスター、レッドリヴェール等の牝馬に活躍が目立ち、牡馬は突出した馬がいないのではないか?とも言われいましたがレッドリヴェールが出てきたことで結果が見れるという事になりますね。
皐月賞上位組と見ていくと優勝馬のイスラボニータは、東京競馬場で好成績を残しておりコース的には間違いなく好相性ですが、これまでの距離実績と父フジキセキという事で距離の面では未知数な点があります。
2着のトゥザワールドは、距離延長は歓迎材料。逆転要素は最も高いかもしれません。
3着のウインフルブルームは本来はNHKマイルを予定していたと言うことで距離適性的には厳しいのは承知の上での登録。
スタミナ面を考えるとたんたんと逃げる事が出来れば…といったところですね。